転職サイト

【時間かかる】Wantedlyの口コミ評判は?返信が来ない?使って転職成功した未経験エンジニアに聞いてみた

後輩ちゃん
後輩ちゃん
Wantedlyってどうですか?最近流行ってるみたいですけど。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
独自のシステムで人気を集めているよ。使いやすいんだけど、欠点もあるね。

Wantedlyは、独自のシステムを導入している「ビジネスSNS」です。
よくある転職サイトや転職エージェントとは異なる性質があり、若い世代の間で急速に拡大しています。

一方で、「返信が来ない」「時間が掛かる」といった声もちらほら聞かれるため、利用するかを迷っている方も多いです。

そこで今回は、Wantedlyの評判や活用方法について、実際の体験談をもとにご紹介します。

Wantedlyとは?

Wantedlyは、ウォンテッドリー株式会社が運営するビジネスSNSです。

給与面ではなく、やりがいや価値観を重視して、企業と求職者をマッチングさせることに特色があります。

求人情報に関する情報収集だけでなく、簡単にエントリーできたり、企業からのスカウトを受けたりと、さまざまな面で利用しやすいツールとなっています。

「話を聞きに行きたい」「カジュアル面談」など、企業と求職者が気軽に会って話せるシステムのため、心理的ハードルが下がりやすいのが特徴です。

 

利用者数は240万人、利用企業数は3.5万社を超えています。ベンチャー企業やスタートアップ企業の求人が豊富に揃っています。

メインユーザーは20代~30代で、特にエンジニア志望者の利用が多いです。

Wantedlyの口コミ評判は?

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Wantedlyの口コミと評判をまとめました。

良い口コミ

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
企業から発信される情報量が多いから、社風や雰囲気がわかりやすいよ。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分がやりがいを持って働けるかどうか、判断しやすいのは嬉しいですね!

良い口コミでは、企業の雰囲気や理念を感じ取りやすいことや、検索性能の良さを評価する声が寄せられています。

SNSツールとしても使いやすいのも魅力ですね。

悪い口コミ

後輩ちゃん
後輩ちゃん
給料が低い企業が多いんですかね?求人側の質が落ちてるっていうのも気になります……。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
気軽に使いやすいツールだからこそ、一部では問題も起きてしまうんだろうね。

スタートアップ企業の求人は、どうしても給与が低くなりがちです。

給与面を重視する場合、Wantedlyは性質上使いにくいサービスとなっています。

Wantedlyの強み

Wantedlyの強みは、以下の3点です。

  • 企業からの情報量が多い
  • カジュアル面談が便利
  • 魅力あるベンチャー企業を発掘できる

それぞれ詳しく解説していきます。

企業からの情報量が多い

Wantedlyは、会社説明に関わる情報量が圧倒的に多いです。

  • 事業内容の紹介
  • 価値観
  • 社員について(それぞれの個人ページ)
  • 最新のストーリー(企業による自主的な発信)

などについて、写真入りでわかりやすく説明されています。

 

実は、Wantedlyは給与面の記載がありません

企業側は給与面以外の魅力で求職者にアピールする必要があるため、その分多くの情報が公開されているのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仕事内容や社風でのマッチングを目指すため、給与面はあえて記載しないみたいだよ。

カジュアル面談が便利

Wantedlyのカジュアル面談は、気軽にミーティングを申し込める便利なシステムです。

企業にエントリーし、カジュアル面談の返信が来れば、1対1での面談に進みます。

  • スーツ不要
  • 履歴書などの書類不要
  • 筆記用具不要

「カジュアル面談」という名の通り、気軽な形での話し合いです。

求職者が何度も企業に足を運ぶ必要がないように、基本的には合計2回の訪問ですべての面談を終える仕組みが整えられています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
まあ、さすがにスーツで行くだろうけど……。

魅力あるベンチャー企業を発掘できる

Wantedlyでは、他の転職サイトや転職エージェントでは見つけられないような、数多くのベンチャー企業の求人を閲覧できます。

Wantedlyは求人掲載料が安く済むため、採用コストを掛けにくい中小のベンチャー企業が多く利用しています

独自の開発を行っている企業や、少数精鋭でさまざまな経験を積める企業など、あなたの希望に合ったベンチャー企業を見つけられるかもしれません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
着実なキャリアアップのために、中小のベンチャー企業で修業を積むのもいいかもしれませんね。

Wantedlyの弱み

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Wantedlyの弱みを紹介します。

Wantedlyの弱みは、以下の3点です。

  • 返信が来ない
  • 給料がわからない
  • 強みがないと厳しい

それぞれ詳しく解説していきます。

給料がわからない

Wantedlyは、求人情報に給与や福利厚生の記載がありません

仕事に対する価値観のマッチングを重視しているため、求人情報の段階では給与面を確認できない仕組みになっています。

初回の面談までには労働条件を確認できるようになっていますが、「面談に行ってみないと給料がわからない」というのは、大きなデメリットといえます。

また、スタートアップ企業や中小ベンチャー企業が多いため、給料は低くなりがちです

後輩ちゃん
後輩ちゃん
前職より年収は下げたくないです……。給料がわからないのは困りますね。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
給与面を重視するんだったら、他のサービスを使うのがおすすめだよ。

返信が来ない

企業にエントリーしても、返信が来ないことが多々あります

断りのメッセージを入れてくれる企業ももちろんありますが、残念ながら「返信なし」の企業も多く、待ちぼうけを食うこともしばしばです。

結果、企業との面談にたどり着くのに時間が掛かることもあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
エントリーを無視されるのは、あんまり気分の良いものではないよね。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
返事待ちをして、時間を無駄遣いするのも嫌ですね……。

強みがないと厳しい

Wantedlyのユーザーは急速に拡大しており、競争率が激化しています。

経験者や実績のある人は有利な一方、未経験者は面談にたどり着くのも難しく、何か強みを持っていないと厳しい状況です。

自分の実績や経験と合致する企業を狙いつつ、企業との価値観をマッチさせ、有益な人材だとアピールする必要があります。

Wantedlyを使った転職の流れ

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Wantedlyを使うと、このような流れで進みます。

プロフィールを登録する

登録するプロフィールは、

  • 自己紹介
  • プロフィール写真
  • この先やってみたいこと
  • 学歴
  • 職歴
  • スキル

などが挙げられます。

魅力的なプロフィールを書けば、企業からの返信率が上がりますよ

Wantedlyで返信がもらえるプロフィールの書き方については、こちらで解説しています。

【新形式】コピペOK!Wantedlyで返信されるプロフィールの書き方を紹介|未経験転職成功の返信率73%例文カジュアルな転職ができるWantedlyですが、スカウトの返信率を高めるにはプロフィールの充実が不可欠です。そこで今回は、返信率73%超えの、魅力的なプロフィールを書く方法をご紹介します。...

話を聞きに行く(エントリー)

募集情報をチェックし、興味のある企業にエントリーします。

「話を聞きに行きたい」ボタンを押すと、

  • 今すぐ一緒に働きたい
  • まずは話を聞いてみたい
  • 少しだけ興味があります

という選択肢が表示されるので、「今すぐ一緒に働きたい」を選んでエントリーしましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
いきなり「今すぐ一緒に働きたい」なんて選んでいいんですか!?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
むしろ、選ぶべきだよ。少しでもライバルに差をつけておこう。

企業側は多数の求職者から選考しています。

採用担当からしてみれば、「少しだけ興味があります」といった人まで相手にできない可能性があるため、物怖じせずに「今すぐ一緒に働きたい」を選びましょう

 

エントリーが終わったら、企業からの返信を待ちます。

お断りのメッセージが来ることもありますが、返信が一切来ない場合もあるので、注意してください。

カジュアル面談or面接

企業から面談のメッセージが来たら、日程調整をして面談をしましょう。

基本的には最初にカジュアルな形式で面談を行う場合が多く、企業によってはいきなり面接というケースもあります。

 

カジュアル面談から始まる場合、好印象を与えられれば面接に進みやすいですし、時にはその場で採用というパターンもあります。

本気で内定を取りに行くなら、カジュアル面談の段階から入念な準備が必要です。

  • 自分がやりたいこと
  • 過去の経験、実績
  • 企業や業界への熱意

など、自分が企業とマッチする人材だとアピールしましょう

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
WantedlyはビジネスSNSだから、興味のある人同士をつなげる側面を持っているんだ。企業と求職者のウマが合うかどうかは重要だよね。

内定

本選考を経て内定を出す企業が多いですが、「カジュアル面談に社長が直々に来て採用決定!」というケースもあります。

一般的な転職活動と同様に、複数の企業を並行して応募しつつ、面接の数をこなしながら相性の良い企業を見つけ、内定を目指しましょう

【体験談】Wantedlyのみだと時間がかかる

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Wantedlyを使った方にインタビューしました。

Wantedlyで転職に成功しました。

前職は小学校の講師をしていましたが、残業の多さや精神的負担から退職。

ハローワークに行くも、教員経験を活かす就職口に出会えず、実績ゼロという事実に打ちのめされながら手に職をつけることを決意しました。

将来的にも続けられそうなエンジニアを目指し、スクールに通って猛勉強しつつ、就職先を探しました。

 

スクールでアドバイスをもらい、ハローワークから転職エージェントサービスの利用に切り替えつつ、同時期に登録したのがWantedlyです。

「話を聞きに行く」という敷居の低さが気に入り、取りあえず4社に声を掛けてみるも、1社は翌日、1社は数日後に断りのメッセージが入り、残りの2社からは連絡なしという結果でした(3週間待って、結局連絡は来ていません)。

 

これではWantedly経由で決めるのは難しいのかなと思いつつ、8社に応募。

転職エージェントでもらった「企業と自分がマッチしているのをアピールする」というアドバイスを踏まえつつ、プロフィールを充実させて応募したところ、翌日に教育サービスを扱う企業から返信がもらえました。

数日後にカジュアル面談を受け、前向きな返事をいただき、その後の面接で内定をもらうことができました。

 

転職活動のやり方が全然分かっていなかったので、転職エージェントでもらったアドバイスがありがたかったです

Wantedlyは企業への応募が簡単にできるので、企業を見つける場として使うにはお勧めできると思います。

Wantedlyについてよくある質問

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Wantedlyについて、よくある質問をまとめました。

質問1「Wantedlyの登録はばれる?」

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
会社にばれる可能性は高いです。

一般的な転職サイトでは、氏名・住所・在籍企業などの個人を特定できる項目は非公開なのですが、Wantedlyでは非公開設定ができません

そのため、企業が名前で検索すると、すぐにばれてしまいます。

また、企業が人材スカウトで利用する検索機能に、職種や地域から引っかかってしまう恐れもあります。

【バレバレ】Wantedlyの転職は会社にばれる?スカウトの非表示はできる?転職で使うなら覚悟が必要です便利な転職サービスのWantedly。カジュアル面談やスカウト機能など人気ですが、使うと現在の会社にばれてしまう可能性が高いです。そこで今回は、Wantedlyの転職はばれやすいのか、またこっそり転職活動ができるサービスもご紹介します。...

質問2「Wantedlyから返信が全然こない」

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
残念ながら、返信が来ないことが多いです。

利用者のモラルの問題になりますが、企業側が返信をしないケースもあれば、求職者側が返信をしないケースも多発しており、返信スルーが常態化しつつあります。

良い企業と出会えるのを期待しながら、多くの企業にエントリーするしかありません。

質問3「Wantedlyの料金は?」

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
無料で利用できます。

企業からのスカウトが増える、月額2,980円の「Wantedlyプレミアム」プランも用意されています。

Wantedlyは転職エージェントとの併用がおすすめ

後輩ちゃん
後輩ちゃん
使いやすさは魅力的ですが、給料がわからない点や、企業からの返信待ちが多くなってしまうのは困りますね……。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
企業との出会いの場としては良いツールなんだけど、Wantedlyだけで転職活動をするのは非効率だね。転職エージェントと併用するのがおすすめだよ。

カジュアル面談の使い勝手が良く、魅力あるベンチャー企業を見つけられる可能性もありますが、欠点も見られるサービスです。

 

以下のような方々は、転職エージェントとの併用をおすすめします。

  • 給与面を重視している方
  • 1人で転職活動をするのが不安な方
  • スピーディな転職活動をしたい方

Wantedlyで企業の詳しい情報を収集しつつ、転職エージェントでアドバイザーによるカウンセリングや面接対策などを受けていけば、転職活動の効率は格段に上がります。

転職サービスをうまく使い分けて、効果的に転職活動を行い、優良企業への転職を成功させてください

Wantedlyの運営会社概要

あなたにぴったりの転職エージェント診断

転職エージェント診断

あなたが今使うべき転職エージェント

最大5つの質問に答えるだけで分かります

やりたい仕事が…

imgタグ

営業職は…

imgタグ

マーケター職は…

imgタグ

エンジニア職は…

imgタグ

ベンチャー企業に…

診断結果

あなたには営業・マーケター専門エージェントの「プロの転職」がおすすめ!

独自パイプの非公開求人が激アツの転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

業界最大手エージェントの「リクルートエージェント」がおすすめ!

転職をする人は、絶対に登録している転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

手厚すぎるサポートの「パソナキャリア」がおすすめ!

約67.1%の転職者が年収アップを経験した、満足度No.1転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

IT人材特化の「レバテックキャリア」がおすすめ!

全エンジニアが登録しており、60%の人が年収50万円以上アップを経験する転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

目からウロコの転職アドバイス「dodaエージェント」がおすすめ!

掘り出しモノ求人多数!スカウト機能で書類選考スキップもあり得ます。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

第二新卒の強い味方「マイナビジョブ20’s」がおすすめ!

喉から手が出るほど「第二新卒が欲しい」企業のみを厳選!手厚いサポートで内定一直線です。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

誰でも正社員が目指せる「ハタラクティブ」がおすすめ!

未経験からの内定率は驚異の80%超え!手厚すぎるサポートで、必ず正社員になれます。

もう一度診断する