選考対策

【新形式】コピペOK!Wantedlyで返信されるプロフィールの書き方を紹介|未経験転職成功の返信率73%例文

後輩ちゃん
後輩ちゃん
Wantedlyのプロフィールって自由形式だから、逆に難しいですね。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
返信率73%のプロフィール例文を紹介するよ。

企業とカジュアルに面談をして、マッチングをする転職サイトがWantedlyです。

「話を聞きに行く」とエントリーして、企業かの返信を待つスタイルの転職サイトですが、プロフィールをいかに魅力的に書くかが返信率アップの鍵です。

そこで今回は、返信率を最大まで高める魅力的なプロフィールの書き方をご紹介します。コピペOKなので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントランキング
  1. リクルートエージェント
    転職者はみんな使っている
    非公開求人はお宝だらけ
  2. dodaエージェント
    目から鱗の転職アドバイス
    スカウト機能で即面接
  3. パソナキャリア
    サポートが手厚すぎると話題
    実に67%の人が年収アップ
人生を変えよう

 

【例文】Wantedlyのプロフィールの書き方

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
各項目ごとに例文付きで解説します。

座右の銘

例文
  • 七転八起
    何度くじけても、諦めずに起き上がること
  • 臥薪嘗胆
    目的達成のために耐え忍ぶこと
  • Think Different
    人と違うことを考えろ

座右の銘についてはキャッチーであれば、何でも良いでしょう。

しかし、プロフィール画面でも目立つ位置にあるため、長すぎず、簡潔なモノを選ぶことが好ましいです。

「どうしてこの座右の銘を選んだの?」と聞かれて、話せるエピソードやきっかけは必ず作っておきましょう。

長すぎず簡潔に。理由は話せるようにしておく。

自己紹介

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
担当者の人が読みやすいように、こんな感じで区切ろう。
自己紹介の例文

◯◯の理由で、(現職)に就職をしました。
普段は◯◯をして過ごすことが好きです。
持ち前の◯◯と◯◯を活かして、さまざまなことにチャレンジしていきたいです。

「自己紹介」は、仕事の話を交えながらも、親しみを込めたプライベートのことも混ぜましょう。そして、強みの部分を簡潔にアピールするのがポイントです。

強みの例文

営業で培ったコミュニケーション力:1ヶ月に50人と会いました。
チャレンジ精神:1年に1個以上新しいことを始めます。
没頭力:はまったことはいつまでもやり続けます。

「強み」は、簡潔に一言で表したあと、説明文をつけるのが望ましいです。具体的になると長くなるので、概要をなぞるだけで問題ありません。

趣味の例文

映画鑑賞
好きすぎて、週に3本は見ます。

銭湯巡り
サウナーなので、水風呂が大好きです。

カメラ
Instagramで写真を公開しています。

「趣味」の欄は、趣味だけでなく、一文を添えるだけでグッと魅力的な文章になります。

何でもよいので、一文付け足してみましょう。

この先やってみたいこと

例文

Webマーケティングの仕事

現職では◯◯を経験し、◯◯力を身につけました。
◯◯を通して、よりマーケティングに興味が湧いたので志望しています。

現職で培った◯◯という経験を活かして、◯◯なマーケターを目指したいです。

「この先やってみたいこと」は、必ず応募職種を書きましょう

職種への志望動機欄と同じなので「なぜ職種を志望するか」「活かせるスキルは何か」を明確にして、魅力ある文章に仕上げましょう。

魅力的な志望動機を作成したい方は、こちらをご覧ください。

【例文あり】面接官に刺さる!第二新卒のための受かる志望動機のつくり方第二新卒の転職面接で、特に重要な志望動機。企業へ熱意や本気度を伝えるため、しっかりと対策する必要です。本記事では、面接官の心に響く志望動機の組み立て方を例文付きで解説。構造に当てはめるだけで、誰でも説得力のある志望動機をつくれます。...

学歴

例文

◯◯大学 ◯◯学部 ◯◯学科を卒業。

大学では「◯◯」について学びました。

課外活動では「◯◯」に従事し、◯◯について活動しました。また、アルバイトでは◯◯を経験しました。

その後、◯◯を理由に、◯◯を仕事にしたいと考えて、就職活動を行いました。

「学歴」の欄に、ただの学部・学科情報を書くのはもったいないです。

学生時代に取り組んだこと、身につけたこと、スキルなどについて記載をしましょう。

職歴

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「職歴」については、転職活動で使用する職務経歴書の強みを流用しましょう。
例文

◯◯会社に新卒で入社。

法人営業に2年間従事。

「◯◯」を目標に営業活動を実施。 ◯◯などの工夫をしました。

「◯◯」として評価をもらいm 他社のシェアを、じわじわと奪いました。2年連続売上前年比15%アップに成功しました。

転職活動では、職務経歴書が必要なシーンが多いため、必ず作成しましょう。

魅力的な職務経歴書の書き方については、こちらで解説しています。

【通過例・フォーマット有】第二新卒の職務経歴書の書き方まとめ|自己PRや職務要約の書き方も紹介第二新卒のための書類選考・職務経歴書対策をテンプレート付きで解説します。書類選考を通過しなければ、面接を受けられないため、万全な体制で選考に望みましょう。 必ず説得力が生まれる自己PRの書き方も紹介しています。...

スキルと特徴

スキルになるモノは、経験が少ししかなくとも記入するようにしましょう。

Wantedlyのスキル欄は自己申告制なので、何を書いても問題ありません。

ちょっとしたことが、採用担当者との会話のきっかけになるかもしれないので、書いておくことをおすすめします。

実績

 

「実績」の部分は、「学歴」「職歴」で書いた文章が、そのまま反映されるため記載する必要はありません。

 

受賞と資格

もし現在持っている資格や、過去に何かしら表彰された経験がある場合は、こちらに記入しましょう。

しかし、Wantedlyではほかの転職サイトでの応募に比べて、資格欄は重要視されていない印象を受けました

 

新形式で追加された「やったことを投稿」

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Wantedlyのアップデートで追加された仕様です。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
見たことない仕様です!

Wantedlyは、プロフィールの形式が新しくなりました。

よりポートフォリオが重視されるような画面となり、それぞれの分野で転職を成功させたい方は充実させることが不可欠です。

それぞれ詳しく解説していきます。

画像・動画|ものを作った、イベント実施など

必要なモノ
  • 画像・動画などの制作物
  • アップロードされているサイトURL
  • 制作の経緯や工夫点など
  • 制作期間

写真(画像)や動画編集などの職種に応募する際は、プロアマ問わず必須の事項といえます。

写真や動画を載せるだけでなく「工夫点」「クライアントの反応」「ネットの反応」などを、必ず記載しておきましょう。

 

数値|数値指標を達成、改善したなど

必要なモノ
  • 数値・売上など定量的な実績
  • URL(あれば)
  • 活動期間

「数値」の部分については、どのような職種を経験していたとしても、必ず入力しておきたい部分です。

営業職であれば売上、マーケティング職ならKPIの数値など、数字で表せる部分は必ずアピールしましょう。

【回答例あり】真似するだけ!第二新卒の転職面接でウケる自己PRをする方法転職面接で聞かれることが多い自己PR。第二新卒の転職面接では、求める人物像にマッチするポテンシャルをアピールする必要があります。ベンチャー企業の転職で必ず内定に近づく自己PRのつくり方を、回答例付きで解説。真似するだけで、完成度の高い自己PRをつくることができます。...

出版・執筆|記事を書いた、その掲載内容など

必要なモノ
  • ブログ・記事などのポートフォリオ
  • 記事をつくるうえでの工夫点など
  • 制作日

ライター業などを目指している場合は、どんな形であれ必須事項です。

個人ブログ、もしくは企業への投稿実績、電子書籍の出版経歴など、「もの書き」に関わる部分はなんでもアピールしましょう。

その他プロジェクトや活動|テキストで記入する

「数値」の部分以外に、多くの職種の方が書いておきたい事項です。

転職活動においてアピールしたいエピソードは2、3つほどつくっておくのが望ましいです。なぜなら、面接官に「他になにかある?」と聞かれる可能性が高いためです。

2、3つ用意しているエピソードの内、1つを記載しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
アピールエピソードなんてなんぼあってもいいですからね。

返信率を上げるプロフィール作成のポイント

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
スカウト率を上げる秘訣はココにあります。

Wantedlyのプロフィールを作成する上で、意識して盛り込みたいポイントは4つあります。

  1. 結論ファーストを心がける
  2. キャッチーなエピソード要素を入れる
  3. 自分を表現したプロフィール画像を用意する
  4. 背景画像にも力を入れる

それぞれ詳しく解説していきます。

結論ファーストを心がける

Wantedlyに限りませんが、職務経歴書・履歴書は「結論ファースト」が基本です。

「起→承→転→結」ではなく、「結→起→承→転→結」を心がけます。

基本的な事項ですが、企業からの返信率やスカウト率を高めるために必須なので、必ず意識しましょう。

私は、最前線の顧客の近くで市場分析をしたいため営業を志望します。

なぜなら〜〜。

私は学生時代にバスケットボールをしていました。そのときに〜〜。

そのため、営業職を志望します。

キャッチーなエピソード要素を入れる

Wantedlyは、ほかの転職サイトと異なりカジュアルな要素が強いため、キャッチーなエピソードがあれば目に留まりやすくなります。

企業が「話を聞いてみたい」と思った人材に、企業からの返信がきます。

「話を聞いてみたい人」はどんな人でしょうか?面白い・興味深いエピソードを持っている人ではないでしょうか?

そのため、プロフィールに少しでもキャッチーなエピソードを入れることが重要になります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
とはいえ、そんな面白いエピソードなんてないよ。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
おすすめは「盛る技術」です。

「盛りの技術」を利用して、大したことない話をキャッチーに仕立てあげましょう。

キャッチーに見えるエピソード例
  • 前職の新入社員研修で頑張りすぎて5歳老けたと先輩に言われました
  • 休日は朝起きてから寝るまで、ずっと趣味に没頭しています。

自分を表現したプロフィール画像を用意する

Wantedlyのプロフィール画像に「真面目な証明写真」は使わない方がいいでしょう。

絶対NGではないですが、笑顔の写真や旅行の写真、集合写真の切り抜きなどのほうが返信率が上がります。

企業が見たいのは真面目な顔ではなく、自分自身を表現できている写真です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
陽キャ向けなのがつらい…。

背景画像にも力を入れる

WantedlyではLINEなどと同じように背景画像を設定できます。

ここが空白ではもったいないです

以下の画像がおすすめです。

  • 自分が写っている集合写真
  • 自分の趣味に関する写真
  • 旅行先の写真

写真から話題が発展しそうなモノが望ましいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
筆者は集合写真をのっけていました。

Wantedlyのプロフィールの書き方まとめ

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
Wantedlyのプロフィールを充実させて、効率よく転職活動を進めよう。

Wantedlyで返信率があがるプロフィール文の書き方を紹介しました。

無料でカジュアルにに利用できるWantedlyですが、「話を聞きたい」と押しても無視されるのは日常茶飯事です。

担当者の目に留まるプロフィールづくりは転職活動の近道です。ぜひ魅力的なプロフィールを作成して、転職活動を成功させましょう。

職務経歴書・履歴書作成のサポートや、内定まで有利なルートで転職したい方は転職エージェントとの併用がおすすめです。

Wantedlyには載っていない求人や、企業とのパイプを生かした選考ルートは必見です。

【皆使ってる】内定欲しい方必見の転職エージェントおすすめ15選|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
おすすめの転職エージェント
スクロールできます
【時間かかる】Wantedlyの口コミ評判は?返信が来ない?使って転職成功した未経験エンジニアに聞いてみた Wantedlyは、独自のシステムを導入している「ビジネスSNS」です。 よくある転職サイトや転職エージェントとは異なる性...
【バレバレ】Wantedlyの転職は会社にばれる?スカウトの非表示はできる?転職で使うなら覚悟が必要です便利な転職サービスのWantedly。カジュアル面談やスカウト機能など人気ですが、使うと現在の会社にばれてしまう可能性が高いです。そこで今回は、Wantedlyの転職はばれやすいのか、またこっそり転職活動ができるサービスもご紹介します。...
あなたにぴったりの転職エージェント診断

転職エージェント診断

あなたが今使うべき転職エージェント

最大5つの質問に答えるだけで分かります

やりたい仕事が…

imgタグ

営業職は…

imgタグ

マーケター職は…

imgタグ

エンジニア職は…

imgタグ

ベンチャー企業に…

診断結果

あなたには営業・マーケター専門エージェントの「プロの転職」がおすすめ!

独自パイプの非公開求人が激アツの転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

業界最大手エージェントの「リクルートエージェント」がおすすめ!

転職をする人は、絶対に登録している転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

手厚すぎるサポートの「パソナキャリア」がおすすめ!

約67.1%の転職者が年収アップを経験した、満足度No.1転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

IT人材特化の「レバテックキャリア」がおすすめ!

全エンジニアが登録しており、60%の人が年収50万円以上アップを経験する転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

目からウロコの転職アドバイス「dodaエージェント」がおすすめ!

掘り出しモノ求人多数!スカウト機能で書類選考スキップもあり得ます。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

第二新卒の強い味方「マイナビジョブ20’s」がおすすめ!

喉から手が出るほど「第二新卒が欲しい」企業のみを厳選!手厚いサポートで内定一直線です。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

誰でも正社員が目指せる「ハタラクティブ」がおすすめ!

未経験からの内定率は驚異の80%超え!手厚すぎるサポートで、必ず正社員になれます。

もう一度診断する